豪腕☆テ綺ー羅の競馬予想ブログ

主に穴馬1頭を推奨します。馬券が下手なので3連系や馬複の軸や紐の参考に。

オールカマーの中心となるのはこの馬だ!



諸君おはよう。




先週のTwitter◎予想は





ローズSレーヌミノル(4番人気9着)

セントライト記念→クリンチャー(4番人気9着)




と二頭とも当日4番人気で9着と敗北に終わった。


クリンチャーに関して言えば分析とほぼ正反対の条件で戦わされることになり、レース前から飛ぶ気しかしなかった。










今週こそ国営に躍らされずにしっかりと当てていきたいですね^^




先週までの◎成績(5-3-2-8)





さあ気持ち切り替え今週は注目のG2が2連発!





その中で、今回特筆するのは古馬中距離G2




オールカマー(中山芝2,200m)」です。




今週の◎(予定)馬は…。










モンドインテロ(予想3番人気単勝4.8倍見当)です。






恒例の血統から見ていきましょう。





ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ブライアンズタイム(ロベルト系)





ディープ×ロベルトのスタミナ差しタイプ。





ギアの即切り替えを求められる瞬発力勝負ではキレ負けますが、捲り気味の押し切る競馬がカタに嵌れば強い血統背景。





何度も伝えている通り、中山はコーナー曲がってからのヨーイドンではなく基本的にスタミナ比べのロンスパ合戦になる舞台。


血統背景的には今回の舞台は合致。







戦績





中山芝(0-0-1-0)
右回り(5-0-3-1)唯一の馬券外は大阪杯(G1)
右回り且つ非根幹距離(4-0-1-0)ダート含む
右回り且つ非根幹距離(3-0-0-0)芝レースのみ






この馬の買い方簡単すぎませんかね…。



この馬の買い時は芝の右回り非根幹距離レースで、かつスタミナ比べのロンスパ合戦になる舞台と見ます。





もちろん、競馬はそんなに簡単ではないですし、他にもこの馬を推奨する理由はありますがそれはまたいつか、後ほど。






ここで、「非根幹距離」って何?というビギナーの為に少しだけ解説します。


最近嬉しいことに私の周りでちょっとした競馬ブームが起こっており、新規参入が多くなっているので少しだけ…。







ではまず、根幹距離とは。



根幹距離とは、走破距離が「400m(2F)」で割り切れる距離で、馬が集中し走り切るのに適正とされる距離の事で、スピードと持久力の両方が必要とされるレースです。






非根幹とはこれの逆、つまり走破距離が400で割り切れない数字の距離で設定されたレースを言います。





非根幹では根幹距離を走る上で必要とされるもののハードルがやや下がる為、基本的に非根幹距離のレースは荒れる傾向にあります。





歴史的名馬で言えば名牝アパパネ

彼女は根幹距離では無類の強さを持ちますが、非根幹距離では連帯すらない成績に終わっています。



最近だとさらに条件は加わりますがルージュバックなんかもそれに該当します。






根幹距離では強い馬が、非根幹距離では「あれ?」と思うように成績を残せないことがあります。






もちろん、根幹だろうが非根幹だろうが関係ないよー^^と強い馬もいます。

ルドルフなんてそんな感じですね。






競馬以外で例えるなら、





勉強で9科目全部80点とれるA君が居ます。

勉強で、国語と英語だけ95点でそれ以外60点のB君が居ます。





総合的(根幹)に見ればA君が勝っているようにも見えますが、科目(競馬場の舞台)が国語(非根幹)で勝負だとしたらどうでしょうか。





95点をとれるB君にA君は敵いません。


これが根幹距離、非根幹距離の関係です。






ちなみに、ルドルフはオール100点取ります。神です。非根幹とか関係無いです。





少しは距離について理解できましたでしょうか?




今週こそJRAを破壊するぞーーー!^^^^^