読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕☆テ綺ー羅の競馬予想ブログ

主に穴馬1頭を推奨します。馬券が下手なので3連系や馬複の軸や紐の参考に。

【フラワーカップ】推奨馬紹介。ファンディーナを買うくらいなら?

競馬関連

コンバンワ(^^)テ綺羅です。





まさかあの面倒くさがりのボクが1日に2度も長い推奨記事を書こうとは。




それだけ暇ってことですね!(違う)





さて3連休最終日の最後の重賞フラワーカップ



やはりというか、なんというか抜けて人気しておりますファンディーナ。


この馬の人気の理由は強いからなのはもちろん、その勝ち方ですよね。

新馬戦ではほぼ馬なりで逃げてそのまま9馬身差の圧勝。

2走目となる前走もドスローのペースの中先頭行く馬が34.2で上がりを使うレースなのにも関わらず楽な手応えで33.0という上がりを繰り出し楽々先着。

逃げてよし、控えてよしと正直久しい大物牝馬を予感させます。




しかし、その競馬は2戦とも平坦の京都が舞台。さらには地元かつ少頭数でスムーズな競馬。

今回は打って変わっての中山遠征で条件は真逆。

しかも今の中山はミスプロ系、というより重めを走れるタフな競馬ができる馬が好走する馬場になっていて、軽い芝得意のディープには厳しい舞台。




前に記事にした通り、年明け〜春前の中山はダート適正のある馬が好走する傾向にある。



実際今年に入っての中山でのディープ産駒の成績は(5-5-6-42)と勝率は8.6%。

中山1,800mに限定すれば(1-0-2-12)で勝率僅か6.7%ととても芝のディープ産駒成績とは思えない結果。


今日の中山ではミスプロヘイルトゥリーズンがほぼ馬券を独占。


ヘイルトゥリーズンヘイルトゥリーズンでも、ディープのような軽い芝得意の産駒ではなく、ステイゴールドヴィクトワールピサなどスタミナ寄りのサンデー系が馬券になっている。



ではファンディーナの血統を考えよう。


兄はナムラシングン。
こちらはヴィクトワールピサの産駒で、1,600万下の馬。

ヴィクトワールピサと言えばタフな馬場に強く、実際にも新馬戦以外で馬券になったのは8回中5回が稍重以上。馬券から外れた3戦は全て良馬場とキレる芝よりタフな芝。という感じ。



一方こちらはディープ産駒。

全2走とも良馬場で京都と如何にもな舞台であった事は確かだし、所詮は新馬と500万下相手に少頭数かつ得意条件で走っただけ。
中山が向くかと言われればNOである。



では母父のpivotalはどうか。

この馬は新馬戦を9着敗退し、2戦目に未勝利勝ち。続くキングスタンダードS(G2)を勝利しオープン入りを果たし、初のG1ジュライカップに1番人気支持される。が、結果は9着。しかし、次のナンソープSにてG1初勝利を挙げると共に引退。

全5戦3勝。これだけなら確かに早くに引退した強い馬。という印象が持たれそうだが、この馬が勝ったのは5F(約1,006m戦)とスプリント戦を得意としている。
それに起因するは母父父Polar Falconが超のつくスプリンターであり、産駒もまた走れてマイルで基本がスプリンターであった。



つまり母方の血は欧州の深い芝を踏んでいた事は確かだが、基本は短い距離での瞬発勝負。



それにディープをつけているのだからそりゃあ京都の良馬場で走らないわけないって事ですよ。

逆に言えば弱点もまた中距離からのタフな馬場でしょう。




こんな条件が不利でも単勝1.3倍に支持されるのはやはり勝ち方が豪快であったこと、今年の牝馬戦線が牡馬よりも目立つ事が挙げられるだろう。



ファンディーナが強いのは知ってます。



もちろんファンディーナを否定してる訳でもないんですが、今回のこのフラワーカップ、下手をすれば取りこぼすんじゃ。と思ったんですよ。




やれダラダラと推奨馬以外について書きすぎましたけれども、ボクの本命は



◎デアレガーロです。



ファンディーナと同じく全2戦の馬で、違う事は2戦全てが中山であるという事。


そしてタフな馬場を走れるヘイルトゥリーズンマンハッタンカフェ産駒であり、母方血統はミスプロとまさに今の中山にピッタリな血統。SS×ミスプロは中山のテンプレ血統であり、かつピッチ走法の当馬はますます更に中山の適正が上がる。
ファンディーナと同じくノーザンダンサーの5×5を持っており、血で見るならば負けてはいない。


中山1,800mは先行馬が圧倒的有利かつ中内有利で外不利の競馬場。


今回もデアレガーロが4枠スタートで内のディーパワンサ等控える馬が多いのでそれらを包みながら楽に前のポジションを取れるのなら相当有利。


今の中山は最内ピッタリよりも1・2頭分外を回るのが良い事から多分前に行くには最高の枠。


また、ノーザンファームの馬が全て乗り替わりの中、この馬にルメールを乗せた事にも好感触。


前走が2ヶ月ぶりのレースで中2週でここへ。

2走ボケが心配ですし、テンションの上がりやすい馬なので当日のパドックはきちんと見たいですね。


おそらくここで賞金加算してフローラ→オークスの流れか。もしくはオークス直行か。



不安点を挙げるとするならば近親のシンコウキングスズカフェニックスが短距離G1を制していること。

兄弟はスピード気質な馬が多く瞬発力に富んでいる。マンハッタンカフェの血でどこまでスピードとパワーの両立を目指せるか。
兄姉にないAllegedの3×4が強みか。




この血で、この馬場で、この枠で、ファンディーナに勝てないならもうそれは諦めましょう。笑



という訳でボクは◎デアレガーロの単複で勝負します!(^^)