豪腕☆テ綺ー羅の競馬予想ブログ

主に穴馬1頭を推奨します。馬券が下手なので3連系や馬複の軸や紐の参考に。

京都記念から見る次の狙い目

オハヨー(^^)テ綺羅です!



先週は当ブログでも推奨した京都記念がありましたね。
当ブログでの推奨馬は◎サトノクラウン

結果は見事サトノクラウン1着でした!




京都記念の考察では「純粋に考えて、が大切」という事で、
重芝巧者でかつ京都巧者。さらには重芝で最強馬ハイランドリールを破っているこの馬に軽い馬場を得意として休養明けで更に当日成績壊滅しているディープ産駒のマカヒキが果たして勝てるのか。というものでした。

やっぱりと言うか、なんというか、マカヒキ負けてしまいましたね。

でも、推奨記事でも取り上げた通り

サトノクラウンが最高のパフォーマンスを魅せる時、マカヒキは最悪のパフォーマンスをすることになる」というのが正にドンピシャでハマったようなレース。

何度も言いますがマカヒキは良馬場でこその馬。つまりは荒れに荒れた内を突く戦法が当日の死に札になっていました。

それを恐らくミルコは気づいていました。

4コーナーから直線に入る所、ライアンがミルコの後ろに着き、外を回す体勢をとります。

その時、合わせてサトノクラウンも外に膨らんでいるんですよね。
道中前と離れた三番手追走で悠々と走れていたのになんで最後の直線は必要以上に外を走らせたのかという点。

これは内を進めないマカヒキに対する究極の蓋です。
去年から再三言っている通り、マカヒキの距離適性は良馬場の1,800〜2,000m。
それを苦手な重馬場で、外に出してきている更に外を突くのでは大きな距離と脚のロスが生まれます。
4コーナーを曲がってカメラが切り替わり、サトノクラウンが外に持ち出してるのを見た時勝利を確信しました。
ミルコにとっては相手はマカヒキのみという判断だったのでしょう。
結果それが勝利に繋がります。

ライアンが騎乗後のコメントで直線で勝てると思ったけど馬場が緩くバテてしまったと。

それが全てです。マカヒキは2歳の新馬後からずっと追いかけてますので大好きな馬ですが、今回は条件が悪すぎました。

しかし、この馬の凄いところはそれでも3着に持ってきていることです。





一部では「スマートレイアーにすら負けるなんて!」「スマートレイアーすら差せないとか笑」みたいなコメント見ましたが見当違いも甚だしいですよ。笑


スマートレイアーは前走香港で距離適性不安視されながらも5着と意外性を見せた。

元々スマートレイアーは初戦が3歳春と遅めで、もしかしたらディープ産駒ながら晩成なのかもしれないですね。

この馬の強いところは自在性。
デビュー当初は追込みの脚質から7歳のいまは先行策を取れるなどやりたいと思える競馬ができることが強み。
そしてキレる脚がないのでこの時のような馬場が渋りキレが削がれるようなレースでは力を出し切れるという訳ですね。


香港であれだけ好走できたんだから重芝適性も無いはず無いんですよね。

適性のないマカヒキは圧勝を期待されたニエル賞で僅差勝ち、本番凱旋門は惨敗等。

そして香港からのここ京都記念参戦は連対100%と驚異的な数字。


つまりこの馬もこの京都記念で「走れる」馬でした。






マカヒキの次の目標は大阪杯ですよね。

安心してください。90%連対すると思ってます。笑

馬場がよければの話ですけどね(^^)

むしろ、ここを落としたら天皇賞秋にワンチャンスあるだけでもうG1勝てない気がします。

たしか今年も凱旋門挑戦するって陣営は言ってるんですよね。

ですが考えても見てくださいよ。

距離1,8〜2,000の良馬場で走る馬を、常に芝が重く水分を含もうものなら最悪の重芝になるフランスで距離2,414m走らせようってんですよ。

ウサインボルトにフルマラソンやらせるようなもんです。向いてないものは向いてない。

次の大阪杯の鞍上はルメール想定ということですが、どうせならユウガ乗せてあげて欲しかったですね。

だって彼がG1獲らせたんですよ。しかも超が付くほどの完璧な騎乗で。

なのになんでルメールなんですかね…友道め…






さあ、ダラダラと考察しましたが狙い目としては次は「マカヒキ」に重点を置きます。

やっぱりこの馬強いです。正直掲示板外に沈んでもおかしくなかったのに2着クビ差は天晴れ。

ネットケイバで「マカヒキマイラー」「馬が弱い」酷い言葉がこれでもかと書いてありました。
確かに書いてある通り単勝1.7倍を裏切ったという見方はできなくもないですが、それは競馬センスがないだけです。
人気=走るわけじゃないので。
ボクはしっかりサトノクラウンを予想し的中させました。ネットの評価なんて当たれば良し外れりゃクソみたいな書き方されますから。気にしなくていいです。

距離2,000でマカヒキの瞬発力を生かせそうな阪神でもう一度。

というのも、スピードタイプの馬ですので一瞬のキレ味を活かして差し込んで突き抜けるタイプの馬です。長く良い脚を使うような器用なタイプじゃないです。

今回単勝に投票するのはあまりに浅はかというか、馬のことをなんも知らないのに周りの絵空事評価とかメディアに踊らされた結果です。

馬券を買うときはこの馬は◯◯で△△だから買う!という何か理論に基づいた行動が必要です。それができないのはただのギャンブルです。

そして何度も言います。マカヒキの距離適性は1,800〜2,000mです!!覚えてください!!!





今回は以上になります。
また後日フェブラリーステークスの考察を書きますのでそちらもよろしくお願いします(^^)