読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕☆テ綺ー羅の競馬予想ブログ

主に穴馬1頭を推奨します。馬券が下手なので3連系や馬複の軸や紐の参考に。

【03/18】注目馬情報!

バンワー(^^)テ綺羅です!



久しぶりの平場予想。

言っても狙い数は少ないので決め打ち固め打ちでシッカリ獲りたいですね。

カッコ内の人気は記事作成時(3月17日21時の段階のものです。)



中京3R
◎サンデュランゴ(3番人気 単勝6.2倍)

3走前が不利な内目の枠からプティトシャンティとクビ差の競馬。
そのプティトシャンティは次のレースで5馬身差の圧勝と実力の裏付けがあり。
中京のダートは追い込みが決まるイメージもあると思うが1,200mは逃げ先行馬が圧倒的有利。
前走ハイペースの中先行して2着確保と強い競馬。脚質と馬場は合いそうだが、ただ血統と鞍上に一抹の不安あり。試行回数こそ10回に満たないが、パトルプラン産駒、二本柳共に中京ダート1,200で馬券になったことはない。
前走強い競馬をしての中一週なので疲れも心配ではあるがこの中なら安定感はある。




中京6R
◎サンブリリアント(8番人気 単勝15.8倍)

前前走、休み明けで小倉の1,200mで外差し天国の馬場の中最後直線で内を掬う形を取るもやはり外を回した馬が強く、内に進路をとった当馬は伸び切れずの5着。しかし1位の勝ち馬からは0.1差しかつけられておらず、完璧に進路の差であったことは確か。
叩き2走目の前走は外枠から好スタートしてそのまま先行する形。
最後直線に入るところで内の馬に差されるも外からひと伸びして差し返し3着。やはり実力はあるし、今の中京の高速馬場なら先行すれば止まらない可能性もある。確固たる逃げ馬が居ないに加えて先行しそうな馬が外枠に入った今回は狙い目。余談だが中京1,200mは内枠先行馬が有利でかつタイキシャトル産駒の成績がいいのもアドバンテージ。この人気なら積極的にいきたい。




阪神11R
◎インヴィクタ(2番人気 単勝4.1倍)

抜けた1番人気になると見ていたが2番人気とは旨い。
追って伸びるタイプなので阪神内回りは捲り競馬のお手本が出来る競馬場。しっかり折り合って直線外からの差し競馬を期待したい。
オーナーの佐々木氏も持ち馬をクラシックにとしっかりと送り出す構え。勝ち負けに参加しないと権利はとれませんので一発狙いではなく手堅く連対、勝ちまでを考えて走ってくると思います。
調教ではシュヴァルグランの併せ馬。
もちろん先着こそ出来ていませんが優秀な追い切りを消化したと思います。
前走2,400mは能力で勝てたものの本質は少し長いと感じましたので、ハービンジャー成績優秀な阪神2,000内回りへのスイッチでさらなる前進を期待したい。






とりあえず推奨は三頭。
馬券は相変わらず単複かなあ。



それでは、週末の三連戦全てプラスで終えることができますように。皆さまのご武運お祈りしております!(^^)

【スプリングS】今週のイチオシ!皐月賞へ向けて!

オハヨー(^^)テ綺羅です!




さて、今週も3歳の若駒がクラシックへ向けた前哨戦、スプリングSへ出走してきますね!




ここでのボクの注目馬は「アウトライアーズ」です!
今年の低迷する牡馬戦線に有力なクラシック候補と見ております。


まず重視したいのは中山成績。
ここまでマイルと2,000で1勝ずつの2戦2勝をあげ、中山適正は◎


また当レース、もとい皐月賞では父父サンデーサイレンスがやはり活躍しており父父血統も安定的。更に注目すべきは母方の血統にもあり、その的はデュピティミニスター。先のG1馬ゴールドドリームなどにもこの血統が入っており、この血があるだけでダート適正が抜群に上がる。何故ダート?と思われるかも知れないが去年のメモでこの時期の中山はダート血統の馬の芝での好走が目立つんですよね。
(ちなみに2016フェアリーSの時のメモで2015年もフェアリーSではダートの血のヴァーミリオン産駒が勝っていた。)

この様に、年明け〜春前の中山では軽い芝の切れ味勝負というよりはタフさを競い合い長くいい脚を使える馬が強いイメージがある。
軽い芝に強いイメージがあるディープ産駒等SS系にこのデュピティミニスターの血が混ざる事によって、本来の切れ味に加えタフさも備えることができるのでは。と思っています。「ゲームかよ」とか思われそうですが、本当にこの血があるのとないのでは違います。このように血統面から見ても中山に向いていて優秀であるかと。




また、皐月賞へ向けてライバルであり当ブログ、またTwitterで散々言ってるスワーヴリチャードは中山よりは東京向きであることは確かだし、ローテ的にも皐月賞メイチというよりはやっぱりダービーが狙い目な感じがしますよね。
なら、というのも変ですが、中山で抜群に強いアウトライアーズをわざわざ見放す必要はないかと。




ただ、このスプリングSで注意して欲しいのがアウトライアーズはヴィクトワールピザの産駒であるという事。

ついこの間引退を発表したジュエラーや、先週のボクの大好きなパールコードなどと同じ父親で、まだまだ年が浅く特徴などがくっきりしていないこの血統。
このジュエラーやパールコードの共通点として、ひとつ当てはまるのが「休み明けに弱すぎる」ということ。

つまり。アウトライアーズは皐月賞メイチにここは完全なる叩き台。
皐月賞への権利を取る為にある程度の仕上げにはなっていることは間違いないはずだけれども完全状態ではないはず。という目で見たい。
まあ、上位人気はみんなそのような感じなので特別この馬だけ割引く必要はないのかもしれないが。

まあクラシック前哨戦なだけあって仕方のないことなんですが休み明け走らないというのは大きなディスアドバンテージなのでかなり割引きが必要と思われます。逆にここで簡単に勝ち切るようなら本番はいよいよグリグリの本命。



また、枠の理想は外だと思いますので外目枠、責めて黄色帽〜に入って欲しいですね。


あとは絶好調田辺騎手の手腕に注目します⭐️

【金鯱賞】人気はいらない。配当が欲しい!

お久しぶりです。テ綺羅です(^^)



さあ春まで競馬やらない宣言から見事復帰(中2週)しました。

休養どころか叩き本番くらいの間隔でしか競馬から離れられませんでした。ビクンビクン





さて明日はボク、テ綺羅の地元中京での競馬が始まりますね。

そしてその日に行われるG2金鯱賞

ここは獲らねば。地元開催初週はやっぱ勝ちたいですよ。ええ。





さて先ず人気から見てみましょう。

ブログを書いてる3月10日20:50現在の人気です。



うーん、枠順確定前に一応の印は回したんですがなんとも各馬微妙な枠に入りましたね…。





一応、馬柱予想の段階では本命はプロディガルサンだったのですが、中京の1枠は死に目…。


同じ理由でルージュバックも軽視。
能力は認めますがそろそろ化けの皮が剥がれてますし、戸崎もうーん…という感じ。
何よりこの馬は外枠に入って初めて抑えようと思えるくらい内枠がダメ。


ヤマカツエースは個人的に良いところに入った気がする。も前走前々走は恵まれた所も大きく大威張りできるほどではない。
あと休み明けが走らない。ここが大きな割引き理由。でも普通に走れれば馬券内堅そう…?


ステファノスも個人的に良いところに入れた感。しっかし藤原厩舎ってだけで嫌になる。
叩きですぅ!って叫びが聞こえてきますしユウガも病み上がり。印を回すとしても△がいいところ。


パドルウィールはついこの間の同レースで2着に健闘した馬なのに人気が無さすぎる気も。
スローで前有利になったとは言え先行して2番手から上がり33秒台で走れたのは素直に評価。
リアファルの回避により前目ですんなり位置が取れそうなので人気薄でも要注目。





よくTwitterやらで「開幕週だからー」「大外割引きー」とか挙げ句の果てに「金鯱賞の過去10年の好走はー」なんて言ってる輩がいますけれども。



「中京芝2,000は外目の中団待機馬が圧倒的に有利」


結果論これなんですよ。

あと中京2,000で逃げて勝てるのは稀。

それこそ1,000mの通過が63秒前後くらいのスローに持ち込めるなら2、3着に粘れるかもしれませんが。

普通に上がりが使えてかつ外目を走れる馬を最優先で持ち上げるべきだと地元民は思います。

過去の金鯱賞データなんてアテになるわけがない。だって2016年の金鯱賞は4ヶ月前にやったばっかり。2012年に中京競馬場の改装。条件がコロコロ変わりまくってるので過去データを鵜呑みにすると痛い目にあう可能性が非常に高い。

やっぱり中京というローカル競馬場に適正を持ち、かつ先述の条件持ちの馬を本命にしましょう。





今回、ボクの金鯱賞の本命は

サトノノブレス(5人気)です。

しかしこの◎は頭狙いの◎ではなく、馬券内に入ってくるだろうという◎です。
つまり具体的には三連系の軸ですね。


前走有馬記念はシュミノーが勝ちにいく競馬(結果それが某馬のラビットになった)で早めに巻いてズルズル後退の13着。

元よりこの馬はG1では足りない、ミスター前哨戦的なイメージがあるのでそれも仕方ないかと。

大型馬ながら休み明けからいきなり走れる馬ですし、2,000mはベストでかつ中京巧者。そしてオマケで金鯱賞のお得意様。

2016年金鯱賞では完全に有馬記念への叩きで休み明け、騎手変更、さらに馬体重もプラス16kgとマイナス要素満載で登場も地力を見せ3着。

今回も休み明け+秋山Jへ乗り替わりとなるがこの馬ならそこまで割引くことはないんじゃないかなと。

馬自体の年齢も7歳になり衰えも始まる頃でしょうがつい4ヶ月前に中京芝2,000mでやるベストな走りが出来ていたことを見ても急な衰退はないんじゃないでしょうか。

前走で、厩舎やオーナー側がラビットを支持したのかは詮索しませんが、鞍上シュミノーはラビットなんて海外ではよく見るものですから、頼まれれば引き受けるでしょうね。上手でした。しかし、勝ちにいくにはやはり中団から前へと捲らないと1.2.3着馬があのメンツですからあの騎乗しかないのかなと。ここは参考外でいいと思います。

この金鯱賞の次がどこに出るのか(大阪杯か天春?)わからないんですけど、流石にこの歳ですしG1へ向けてメイチに仕上げるためにここを叩くよりは、他の叩き目的で休み明けの馬が多く、この得意舞台で手堅く走って賞金稼ぐ方が関係者らもハッピーなんじゃないですかね。

ここまで中京芝2,000mに強くても斤量が変わらず56kgで出られるのに人気を更に落とすのだからここは狙っても面白いんじゃないかと。
枠もそれなりにいいところですし。




印を出すならば

サトノノブレス
ヤマカツエース
ステファノス
△プロディガルサン
*パドルウィール

という感じでしょうか。
ボクは配当がつきそうなら◎の複勝と○*への馬連ワイドを握って観戦しようかと思います。






それでは、今週も皆様のご武運をお祈りしております。共に高額配当ゲットしましょう!(^^)笑